角川短歌賞
角川短歌賞は、歌壇に新しい開花をもたらす才能の発掘を目的として、昭和30年、角川書店により創設されました。以来、新人の登竜門として、短歌に志を持つ人々の目標とされ続けています。昭和61年第32回の受賞者俵万智氏は、短歌の世界に口語を自在に取り入れ一大センセーションを巻き起こし、平成16年第50回は、現役の高校生である小島なお氏が受賞し話題となりました。受賞者のその後の活躍はもちろんのこと、次席、候補作に選ばれた人の中からも、短歌界をリードする多彩な人材を輩出し続けています。角川短歌賞は、未発表作品50首一連の応募作品を対象に受賞作を決定。50余年の歴史を経て、現在は角川文化振興財団主催のもとに、歌壇で最も権威のある新人賞として高い評価を得ています。募集締切は5月末日、授賞の決定は8月、『短歌』11月号誌上にて受賞作品、受賞のことば、選考経過等を掲載、賞の贈呈式は1月に開催しています。
角川短歌賞 作品募集応募規定
選考委員
伊藤一彦/永田和宏/小池 光/東 直子
募集作品
未発表短歌50首

既発表作品(新聞・雑誌・結社誌・同人誌他、インターネット上の発表を含む)がある場合は入選を取り消すことがあります。用紙は原稿用紙B4判(400字詰・大判)、印字する場合もB4判用紙を使用し、1枚に10首以内。原稿の冒頭には作品の表題と氏名を明記し、作品の後に下記(1)〜(6)をしたためたB4判の別紙を必ずつけ、右上を綴じてください。
  (1)作品表題
  (2)本名・筆名
  (3)所属誌・略歌歴
  (4)生年月日(和暦)・年齢・性別
  (5)職業
  (6)郵便番号・住所・電話番号
封筒に「短歌賞応募作品」と朱書して、下記の宛先にお送りください。応募作品は1人1篇(50首)に限ります。原稿の返却、訂正、お問い合わせには応じかねます。
受賞作品の雑誌掲載権は主催者(角川文化振興財団)に帰属します。

締切
平成29年5月31日(当日消印有効)
選考方法
編集部の予選により候補作品(30篇前後)を無記名のプリント刷りとし、第63回担当の4選考委員が合議のうえ授賞作品を決定します。
賞
賞状、記念品ならびに副賞30万円
発表
『短歌』平成29年11月号(10月25日発売予定)誌上
発送先
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-12-15
 角川文化振興財団『短歌』編集部
※個人情報は、受賞者への通知のほかに、個人を識別できない形で
  統計資料作成に利用させていただきます。

選考委員
(敬称略)

伊藤一彦
伊藤一彦

永田和宏
永田和宏

小池 光
小池 光

東 直子
東 直子

角川短歌賞 歴代受賞者
回数
年度
受賞者名
受賞作品名
第62回
平成28年
佐佐木定綱
魚は机を濡らす
竹中優子
輪をつくる
第61回
平成27年
鈴木加成太
革靴とスニーカー
第60回
平成26年
谷川電話
うみべのキャンバス
第59回
平成25年
吉田隼人
忘却のための試論
伊波真人
冬の星図
第58回
平成24年
藪内亮輔
花と雨
第57回
平成23年
立花 開
一人、教室
第56回
平成22年
大森静佳
硝子の駒
第55回
平成21年
山田 航
夏の曲馬団
第54回
平成20年
光森裕樹
空の壁紙
第53回
平成19年
齋藤芳生
桃花水を待つ
第52回
平成18年
澤村斉美
黙秘の庭
第51回
平成17年
森山良太
闘牛の島
第50回
平成16年
小島なお
乱反射
第49回
平成15年
駒田晶子
夏の読点
第48回
平成14年
田宮朋子
星の供花
第47回
平成13年
佐藤弓生
眼鏡屋は夕ぐれのため
第46回
平成12年
佐々木六戈
百回忌
松本典子
いびつな果実
第45回
平成11年
福井和子
始まりはいつも
第44回
平成10年
大口玲子
ナショナリズムの夕立
第43回
平成9年
沢田英史
異客
第42回
平成8年
小守有里
素足のジュピター
第41回
平成7年
河野美砂子
夢と数
渡辺幸一
霧降る国で
第40回
平成6年
中埜由季子
町、また水のべ
第39回
平成5年
岸本由紀
光りて眠れ
第38回
平成4年
中川佐和子
夏木立
第37回
平成3年
梅内美華子
横断歩道(ゼブラ・ゾーン)
第36回
平成2年
田中章義
キャラメル
第35回
平成元年
高橋則子
水の上まで
第34回
昭和63年
香川ヒサ
ジュラルミンの都市樹
第33回
昭和62年
山田富士郎
アビー・ロードを夢見て
第32回
昭和61年
俵 万智
八月の朝
第31回
昭和60年
米川千嘉子
夏樫の素描
第30回
昭和59年
阪森郁代
野の異類
第29回
昭和58年
江畑 實
血統樹林
第28回
昭和57年
井川京子
こころの壺
塘 健
一期不会
第27回
昭和56年
志野暁子
花首
第26回
昭和55年
吉沢昌実
風天使
時田則雄
一片の雲
第25回
昭和54年
今野寿美
午後の章
第24回
昭和53年
大崎瀬都
望郷
新川克之
熱情ソナタ
第23回
昭和52年
松平盟子
帆を張る父のやうに
第22回
昭和51年
大谷雅彦
白き路
第21回
昭和50年
該当作なし
 
第20回
昭和49年
鵜飼康東
テクノクラットのなかに
第19回
昭和48年
宮岡 昇
黒き葡萄
第18回
昭和47年
江流馬三郎
縦走砂丘
第17回
昭和46年
竹内邦雄
幻としてわが冬の旅
第16回
昭和45年
該当作なし
 
第15回
昭和44年
河野裕子
桜花の記憶
第14回
昭和43年
小山そのえ(現、木田そのえ)
年々の翠
第13回
昭和42年
武田弘之
声また時
第12回
昭和41年
該当作なし
 
第11回
昭和40年
柴英美子
秩序
第10回
昭和39年
苑 翠子
フラノの沓
第9回
昭和38年
鷲尾酵一
ゴーガン忌
鈴木忠次
老に来る夏
第8回
昭和37年
井上正一
冬の稜線
第7回
昭和36年
浜田康敬
成人通知
第6回
昭和35年
稲葉京子
小さき宴
深井芳治
麦は生ふれど
第5回
昭和34年
青木ゆかり
冬木
第4回
昭和33年
生野俊子
四旬節まで
第3回
昭和32年
加藤正明
草のある空地
第2回
昭和31年
安永蕗子
棕梠の花
第1回
昭和30年
該当作なし
 
▲ページTOPへ