俳句 9月号

発売日:
2017年8月25日

定価:
920円(税込8%)

編集長:
白井奈津子

大特集「季語の本意〜秋編〜」/特別講演録「もうひとつの芭蕉像」/刊行記念対談 小澤 實×小川軽舟「俳句と暮らす、俳句に潜る」

今月のトピックス

●俳人の愛した風景―飯田蛇笏[芋の露連山影を正うす]

虚子が俳壇を退いた年に、一切の学業を捨てた蛇笏は故郷の境川村山中に隠棲し、田園生活を始め、南アルプスに囲まれた地で多くの作品を残しました。この時の生家は蛇笏の号をとって「山廬」と呼ばれ、現在も大事に保存され、一般にも公開されています。江戸時代後期の木造建築である母屋は、築150年以上たった今でも、当時の面影を残しています。

●季語の本意〜秋編〜

初学の頃は、季語の本意が身についていないために、季語の説明のような句や類想句、季語とちぐはぐな句などを作りがちです。今回特集した「秋の季語」は、特に独特の空気感をもたらす影響が強いと言われています。古典から引き継がれてきた文学的背景を理解し、実作に役立てましょう。現在改訂作業中の、角川ソフィア文庫『俳句歳時記 第5版』編纂会議にも突撃取材! 季語に関する素朴な疑問も大募集しています!

●対談 俳句と暮らす、俳句に潜る 小澤實×小川軽舟

17年ぶりの兄弟弟子対談が実現! 小川軽舟著『俳句と暮らす』と、小澤實著『俳句の海に潜る』の発売を記念して梅田蔦谷書店で行われたトークイベントを加筆・修正の上、収録しました。これまで語られることの無かったふたりの思い出も存分に語られています。
今月の内容

大特集 季語の本意〜秋編〜

●総論 秋の季語とは
●代表的な秋の季語の本意......
(1)天文 (2)時候・地理 (3)生活・行事 (4)動物 (5)植物
●「秋の◯◯」攻略法......天文・生活編/動物・植物編
●コラム 歌人が評する秋の季語の名人......時候/天文/動物・植物
●突撃レポート『俳句歳時記』ただいま編纂中!
〈執筆陣〉岸本尚毅
恩田侑布子/山西雅子/櫂 未知子/井上弘美/片山由美子
村上鞆彦/高浦銘子
大辻隆弘/大下一真/花山多佳子


特別講演録 「新解釈『おくのほそ道』――隠されていた芭蕉のこころ」刊行記念

もうひとつの芭蕉像......矢島渚男


刊行記念対談 俳句と暮らす、俳句に潜る

小澤 實×小川軽舟


特別寄稿

●師を語る 石田波郷と石塚友二……大石悦子
●塀の中の詩人たち……清水青風


《日本の俳人100》

名村早智子句集『樹勢』新作7句「禊川」/俳句とわたし/自選20句抄 … 名村早智子
名村早智子の人と作品……山尾玉藻
一句鑑賞……山本鬼之介・石井いさお・小松生長・山田佳乃


充実の作品と好評連載!

●特別作品50句……黒田杏子
●特別作品21句……大牧 広/茨木和生
●作品16句……佐々木建成/鈴木貞雄/仙田洋子
●作品8句……森川光郎/依田あきよし/山崎 聰/岬 雪夫/小河洋二
●作品12句……福井隆子/山田閏子/西村我尼吾/林 桂/飯田 晴/和田華凜


好評連載!

●弘美の名句発掘……井上弘美
●俳句旅枕 「釜石(2)」……渡辺誠一郎
●男のドラマ 女のドラマ……小津夜景
●虚子式・俳句上達法! 埋字で学ぶ五・七・五……岸本尚毅
●名言のウラ側(久保田万太郎)……岩井英雅
●宇宙歳時記……布施哲治
●現代俳句時評……外山一機
●今月の気になる季語……内田春菊
●合評鼎談……片山由美子・橋本 直・松本てふこ
平成俳壇[題詠][雑詠]発表!

今月号を購入する電子版を購入する定期購読はこちらバックナンバーはこちら
次号予告

10月号 9/25(月)発売

次号は、大特集「『俳句』65周年記念 戦後俳壇100年に向けて」を予定。ほか、生誕100年記念「角川源義と俳句」を特集します。さらに! 別冊付録「再録・角川源義評論集」付き! 人気シリーズ連載「宇多喜代子の『今、会いたい人』」では、司馬遼太郎記念館館長の上村洋行氏を迎え、「司馬遼太郎と俳句」について語っていただきます。ぜひお見逃しなく!

▲ページトップへ