角川 - 俳句

今月号書影

大特集

名句の「切れ」に
学ぶ作句法

発売日:2019年9月25日
定価:920円(〜9/30 税込8%)、937円(10/1〜 税込10%)
編集長:立木成芳

名句の「切れ」に学ぶ作句法

俳句は「切れ」によって十七音が詩に昇華するといっても過言ではありません。「切れ」よって効果的な飛躍や余韻を生み出すことができるのです。
本特集では「切れ」と「切字」による効果について、名句を鑑賞しながら理解を深め、実作の手がかりとなる充実の特集です。

●「切れ」とは何か?=山西雅子
●名句の「切れ」に学ぶ=柏原眠雨/花谷 清/鶴岡加苗/伊藤伊那男
●読み手によって句の解釈が変わる「切れ」=鴇田智哉
●実作!「切れすぎ」と推敲のポイント=朝妻 力/押野 裕/白石渕路

充実の作品!

●【特別作品50句】矢島渚男
●【特別作品21句】大串 章/山口昭男
●【作品16句】細谷喨々/佐怒賀正美/髙田正子
●【作品8句】杉野一博/船越淑子/鈴木節子/渋川京子/秦 夕美/髙橋洋一
●【風土吟詠 都道府県四十七人集】源 鬼彦(北海道)/吉田千嘉子(青森県)/白濱一羊(岩手県)/柏原眠雨(宮城県)/荻原都美子(秋田県)/阿部月山子(山形県)/高崎公久(福島県)/今瀬剛一(茨城県)/倉田勝栄(栃木県)/木暮陶句郎(群馬県)/岩淵喜代子(埼玉県)/能村研三(千葉県)/対馬康子(東京都)/星野高士(神奈川県)/若井新一(新潟県)/中坪達哉(富山県)/千田一路(石川県)/中内亮玄(福井県)/井上康明(山梨県)/古田紀一(長野県)/辻 恵美子(岐阜県)/恩田侑布子(静岡県)/伊藤敬子(愛知県)/石井いさお(三重県)/田島和生(滋賀県)/鈴鹿呂仁(京都府)/山尾玉藻(大阪府)/津川絵理子(兵庫県)/茨木和生(奈良県)/矢野景一(和歌山県)/白岩敏秀(鳥取県)/栗原稜歩(島根県)/奥山登志行(岡山県)/八染藍子(広島県)/池田尚文(山口県)/西池冬扇(徳島県)/市場基巳(香川県)/江崎紀和子(愛媛県)/亀井雉子男(高知県)/寺井谷子(福岡県)/小浜史都女(佐賀県)/西山常好(長崎県)/岩岡中正(熊本県)/秋篠光広(大分県)/布施伊夜子(宮崎県)/淵脇 護(鹿児島県)/岸本マチ子(沖縄県)
●【作品12句】山本素竹/浦川聡子/加藤かな文/齋藤朝比古/小津夜景/冨田拓也
●【今日の俳人】野ざらし延男/石地まゆみ/下坂速穂/和田桃/彌榮浩樹/佐藤成之
●【角川俳句賞作家の四季 秋】鈴木牛後
●【精鋭10句競詠】抜井諒一/西村麒麟
●【俳人スポットライト】岩田裕司/屋内修一

特別寄稿
3か月連続新作短編掲載!!

宮部みゆき ぼんぼん彩句[2]

〈鋏利し庭の鶏頭刎ね尽くす〉

特別レポート
第22回 俳句甲子園全国大会

黒岩徳将/櫛部隆志

私の俳句クロニクル
友岡子郷 〈前編〉

取材・構成/駒木根淳子

日本の俳人100
小川晴子句集『今日の花』特集

新作七句ほか=小川晴子
人と作品=寺井谷子
一句鑑賞=鈴木貞雄・山崎祐子・櫛部天思・阪西敦子

小原啄葉句集『草木』特集

発刊に寄せて=小原啄葉
小論=片山由美子
一句鑑賞=栗林浩・鈴木太郎・名村早智子・永瀬十悟・岸本尚毅・成田一子

巻頭口絵

日本の鳥たち 日本の鳥たち

●季語と俳人
 ……長谷川 櫂
●結社歳時記〈嵯峨野〉
●俳壇ヘッドライン

・第22回俳句甲子園全国大会
・速報!第65回角川俳句賞選考会

イメージ

好評連載!

● 【漢字 四季折々】 笹原宏之
● 【宇宙のなかの孤独―近代人一茶】 大谷弘至
● 【現代俳句時評】 神野紗希
● 【季語と歳時の交響―芭蕉から大野林火へ】 堀切 実
● 【合評鼎談】 西村和子・佐藤郁良・鴇田智哉
● 令和俳壇 [題詠][雑詠]発表!
● 【題詠】 選者=夏井いつき
● 【雑詠】 選者=対馬康子/岩岡中正/山田佳乃/井上康明/五十嵐秀彦/小林貴子/星野高士/嶋田麻紀/今井 聖/朝妻 力

今月号の購入


今月号書影

俳句で人生が10倍楽しくなる!

俳句10月号

発売日:2019年9月25日
定価:920円(〜9/30 税込8%)、937円(10/1〜 税込10%)
編集長:立木成芳
表紙:石踊達哉