短歌 7月号

発売日:
2017年6月24日

特別定価:
930円(税込8%)

編集長:
石川一郎

もっとうまくなりたい人のための短歌再入門/31文字の扉 佐伯裕子×恩田侑布子(俳人)

今月のトピックス

特集 もっとうまくなりたい人のための短歌再入門

イマイチ思い通りにならない歌の世界。
いきづまっている人も、始めたばかりの人ももう一度原点を見つめ直してみませんか。
あたりまえすぎて気がつかなかった7つの急所を徹底究明。さあ次のステップは目の前です。

今月の内容

特集 もっとうまくなりたい人のための短歌再入門

■総論 最初の落とし穴……小島ゆかり
■つまずきポイント7
┣1何を詠めばいいのかわからない……吉川宏志
┣2誰の作品を読めばいいの?……松平盟子
┣3どこで勉強すればいいの?……福井和子
┣4文語がわからない……外塚 喬
┣5なぜ褒めてもらえない?……横山未来子
┣6余裕がない……時田則雄
┗7体力が続かない……伊藤一彦
■エッセイ 受賞への道のり……大平千賀・竹中優子・佐佐木定綱・鈴木加成太
■エッセイ 短歌を続ける理由……秋山佐和子・古谷智子・真鍋正男・矢部雅之・千葉 聡・立花 開
■歌会体験記 「短歌始めました!」in水甕
■図解 短歌再入門
■紹介 全国カルチャー教室


第51回 迢空賞 受賞第一作30首

ステッキをとる……橋本喜典


巻頭エッセイ 戦争と少女……馬場あき子

┗第15回 工場初空襲


31文字の扉―詩歌句の未来を語る(写真)永石 勝

┗第19回……佐伯裕子×恩田侑布子(俳人)


連載

日本の伝統色を詠む
┗第6回 薄藤……蒔田さくら子

新鋭14首+同時W鑑賞
絶対青度……服部真里子
〈鑑賞〉今井恵子・斉藤斎藤

全国結社・歌誌動向
┗潮音/青垣/歌帖


コラム

うたの名言……佐佐木幸綱


充実の作品と好評連載!

作品

【巻頭作品31首】篠 弘・平井 弘・道浦母都子・澤村斉美
【巻頭作品10首】大塚布見子・奥村晃作・浜名理香・江戸 雪
【作品12首/7首】宇都宮とよ・矢澤靖江・丹波真人・石田容子・塚本 諄・木村雅子・佐古良男・田中 濯・内山晶太ほか

連載

■エッセイ
「詩の点滅―現代詩としての短歌」 第50回(最終回) 大岡信の詩……岡井 隆
「歌のある生活」 60代以上の歌詠みのために 第24回 風邪とふうじや……島田修三
「平安の女友達」 第9回 紫式部(4)……酒井順子
「やさしく、茂吉」 第39回 戦後の茂吉……秋葉四郎
「日本歌紀行」 第40回 徳島……田中章義

■作品連載
季節の歌(19) 5月……花山周子

書評

寺島博子歌集『一心の青』……沢口芙美
佐藤理江歌集『あったこともない人々』……土岐友浩
光森裕樹歌集『山椒魚が飛んだ日』……田口綾子
大島史洋著『河野裕子論』……富田睦子

■歌壇時評
宮柊二を読み直したい……中津昌子
もはや抗えないもの……山田 航
■短歌月評I……富田睦子
■短歌月評II……加藤英彦
■歌集歌書を読む……大辻隆弘
■歌壇掲示板
■読者の声

投稿歌ページ

■角川歌壇--巻末のハガキを使って投稿。4人の選者が選ぶ、特選、秀逸、佳作
・選者(7月号〜9月号)……安田純生・香川ヒサ・米川千嘉子・吉川宏志
・選者(10月号〜12月号)……森山晴美・杜澤光一郎・三井ゆき・加藤治郎
■題詠--専用用紙で投稿。今月の発表は題“引っ越し”。選者……村山美恵子


編集後記/次号予告
『短歌』バックナンバー紹介
『短歌』定期購読のご案内
第9回 角川全国短歌大賞のご案内

今月号を購入する電子版を購入する定期購読はこちらバックナンバーはこちら

次号予告

8月号 7/25(火)発売
短歌で人生を豊かに

8月号は特集「佐藤佐太郎没後三十年 佐太郎の短歌作法」。佐太郎の作歌技術からその魅力を考察します。座談会「なぜ佐太郎は現代人を魅了してやまないのか」では、秋葉四郎、栗木京子、島田幸典、永井祐の四氏に佐太郎短歌の今日性について語っていただきます。また、ジャンルを越えた豪華な執筆陣のエッセイを収録する別冊付録「なぜ戦争はなくならないのか」も必読です。

▲ページトップへ