短歌 - 角川文化振興財団

角川短歌

角川文化振興財団

今月のトピックス

特集
なぜ古典か

5月の改元で『万葉集』が脚光を浴びています。
なぜ現代人にとって、
古典を読むことが重要なのか。
「古典は何の役に立つの?」という
直球の質問を投げて、本質に迫ります。

┃特集 なぜ古典か

・総論 古典の型「姿ハ似セガタク」 ……島田修三

・「古典を読む必要性は? 何の役に立つ?」にどう答えるか

「古典学習今昔物語」 ……上野 誠

「たっぷりの栄養を」 ……俵 万智
「時間への畏敬」 ……内藤 明
「古典という木霊」 ……喜多弘樹
「古典は身のやしない―万葉集から」 ……来嶋靖生
「人間を知る宝庫」 ……秋山佐和子
「元・現代短歌」 ……小島なお

・歌論書ガイド「歌論における古典と現代」 ……渡部泰明

・鑑賞「万葉集、この一首」

「音のかそけき」 ……志野暁子
「櫛造る刀自」 ……安田純生
「声が聞こえる」 ……紀野 恵
「この率直さ、切実さ」 ……藤岡武雄
「月に重ねる思い」 ……梅内美華子
「かくのみにありけるものを」 ……大石真由香
「古典につかみかかられて」 ……寺井龍哉
「楽しく生きる」 ……坂本信幸
「恋の行方」 ……綾部光芳
「熱田津に」 ……實藤恒子

┃特集 平成の宿題 -30年で問題は解決したのか

・世代の交代(塚本邦雄)「時間という宿題」 ……魚村晋太郎
・批判精神の待望(加藤克巳)「多くのやさしさと出会った」 ……𠮷野裕之
・口語文体(岡野弘彦)「口語と文語」 ……一ノ関忠人
・何を歌うか(佐佐木幸綱)「現代短歌の原点」 ……谷岡亜紀
・根源的な問い(近藤芳美)「短歌に求めるもの」 ……道浦母都子
・歌人の発掘(田谷 鋭)「平成時代に没した四歌人」 ……田宮朋子
・女流の台頭(馬場あき子)「女歌論議ののちの成果」 ……米川千嘉子

続きを読む閉じる

20199月号

発売日:2019年8月24日
定価:930円(税込)
編集長:石川一郎
発行人:宍戸健司

購入する 定期購読する
バックナンバーをみる

今号の内容

┃六十五年後の絵日記

┗第8回 岡野弘彦

┃角川『短歌』思い出の記事

┗第8回 伊藤一彦

巻頭リレーエッセイ

歌会てんやわんや

┗第9回 歌人の駄洒落  吉川宏志


連載

┃季節の歌 長月

┗選:真中朋久


┃全国結社の俊英・新鋭

┗HANI(埴)/青南/湖笛/創生


コラム

┃うたの名言……佐佐木幸綱

充実の作品と好評連載!

作品

【巻頭作品28首】高野公彦、香川ヒサ、花山多佳子、坂井修一
【巻頭作品10首】水野昌雄、前川佐重郎、桑原正紀、東 直子、竹中優子
【作品12首】岸上 展、石井利明、青木昭子、高崎淳子、上村典子、矢部雅之、 千葉 聡
【作品7首】長門郡司、神田美智子、波 克彦、竹安隆代、松岡達宜、渡辺礼比子、茅野眞澄、柳澤美晴、木ノ下葉子、山川 藍


連載

■エッセイ
「啄木ごっこ」 第11回 ……松村正直
「あらたし古典和歌」第9回 ……大森静佳
■文法入門
「助詞・助動詞再入門」 第9回 ……横山未来子
■コラム
「現代短歌指南 親父の小言」 第21回 ……山本 司
「ふるさとの話をしよう」 第9回 鳥取 ……池本一郎

書評

川野里子歌集『歓待』 ……今井恵子
大野とくよ歌集『あしたに向きて』 ……恒成美代子
佐藤直子歌集『朝の鏡』 ……森岡千賀子
金子貞雄歌集『而今の森』 ……大平修身
土肥義治歌集『学問の香』 ……平山公一
所功著『昭和天皇の大御歌 一首に込められた深き想い』 ……藤島秀憲
■歌壇時評
文語と旧仮名遣と句跨りによって現れる蛇 ……尾崎まゆみ
連作の横糸 ……睦月 都
■短歌月評Ⅰ ……山田富士郎
     Ⅱ ……三井ゆき
■歌集歌書を読む ……小黒世茂、古谷 円
■歌壇掲示板
■読者の声

投稿歌ページ

■角川歌壇--巻末のハガキを使って投稿。4人の選者が選ぶ、特選、秀逸、佳作
・選者(7月号〜9月号)……伊藤一彦・今野寿美・水原紫苑・吉川宏志
・選者(10月号〜12月号)……志垣澄幸・古谷智子・斉藤斎藤・永田 紅
■題詠--専用用紙で投稿。今月の発表は題“改元” 選者……小畑庸子

編集後記/次号予告
『短歌』バックナンバー紹介
『短歌』定期購読のご案内

続きを読む閉じる

公式アカウント

ページトップへ戻る